女性を必ず逝かせて満足させるセックステクニックを身につけ、男を磨こう!

男性向けセックステクニック

全ての男性に向けて女性が気持ちよがるセックスの仕方を書いていきます

性交渉での注意を払うべきポイントと絶対にダメな行為

読了までの目安時間:約 3分

 

短小だろうが包茎だろうが男ならテクニックでをヒィヒィ言わせながら昇天させて、愛に溢れた性行為を体験したいと考えていることでしょう。
でもまずは性行為するにあたって配慮すべき事とやってはいけない行いを教授することにします。

性交渉をするにおいて忘れないで欲しいのは、セックスの中でやってはマズイNG行為は、指で女性器の中を愛撫している時に力任せにまんこの中を手マンすると膣壁を損傷させてセックスどころでなくなってしまうので、絶対にやってはいけません(^o^)
ねっとりとしっかり膣内を刺激されることが女性の立場からしたら激しいのよりもたまらないそうです。

好きな女をイかせるセックスのテクニックを体得しても、相手によって相性が合わない場合もあり、相手の女性の反応をちゃんと見ておき実行中のテクニックを変えその女性に合わせてあなたのセックステクニックをすぐに切り替えれるように目も養わなくてはいけません。
もちろんペニスを挿れてすぐに全力で腰を振ると痛いと感じる女性も少なくないので、最初はゆっくりと動かすように注意を払ってください。

AFをするなら、ペニスのサイズやアナルの締り具合によってどうしてもペニスが入らないということもあるので、そうなったら潔く諦めるのも彼女への「愛」となる。

そのうえ、潮吹きについても、潮を噴かせられない時はパートナーをいたわる意味でも諦めることも幸せな性行為には大事なことですね(^o^)

非常に重要なことは、生ハメしたい思いを思春期男子ならみんな持っているが、ゴムを付けないでセックスすると女性の身になって考えればうっかり中出しされて望まぬ赤ちゃんを身ごもってしまうという不安がよぎって本気で性交に集中することができなくなりますから、どうしても女を満足させたいのでしたら優しさを見せる意味でも本能を押し殺して避妊具をはめてセックスに挑むようにしよう。
あなたが気持ちいい時間を過ごせるだけの性欲処理のエッチじゃなく、女性をきちんと昇天させてあげ心と肉体の両方から幸せにしてあげることのできるエッチこそが手本にべきものなのです。

エッチするにおいて配慮すべきポイントとNGなことを理解し、その上でセックステクニックを身につけるとたとえ短小だとしても、必ずセックス相手を満足させセックスで逝かせるテクニシャンへと進化しますのでファイトあるのみです。


 

この記事に関連する記事一覧

comment closed